ビタミンC誘導体の働き

化粧品や美容液によく配合されるているビタミンC誘導体ですが、具体的にどんな働きをしているかは知っていますか?ビタミンCは抗酸化作用が高く、活性酸素によってメラニンが生成されることを抑えてくれる働きがありますが、化粧品やクリームに配合すると肌の真皮層にまで届かないという性質があります。

ビタミンC誘導体(ビタミンシーゆうどうたい)とは、生体内で酵素反応によりビタミンCとなるもの。誘導体化によって生体外での安定化および生体内への吸収率向上のメリットがある。ビタミンC(L-アスコルビン酸)である。ビタミンCは強力な抗酸化作用があるが、そのままのビタミンCは不安定で分子構造が壊れやすい。また、皮膚は水溶性の物質を弾く作用が強いので、皮膚に浸透しやすいように合成された化合物である。美容を目的とした皮膚科学で応用されているほか、食品添加物としても検討されているものもある。直接利用するほかケミカルピーリングを行った後に塗布することでも利用される。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体の効果

シミ・くすみを抑える

シミやくすみはメラニン色素が沈着してしまうことが原因です。ビタミンC誘導体はメラニンを生成する活性酸素の働きを抑えるを抑える働きがあるため、シミやくすみが進行することを予防してくれます。

美白効果

ビタミンCは還元化作用も高いため、長年沈着したままのシミを分解してくれます。

シワの改善

ビタミンCはコラーゲンの生成を促してくれる働きがあるため、肌のハリを取り戻す効果が期待できます。

ビタミンC誘導体の種類

ビタミンC誘導体といっても一つの成分のことを指すわけではありません。パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、リン酸アスコルビルマグネシウム、テトラヘキシルデカン酸アスコルビルといったビタミンC誘導体が存在しておりどの成分が自分の肌に合うのかを知っておくのが大切です。

>>ビタミンC誘導体の種類はこちらで解説

ビタミンC誘導体の含まれる化粧品や美容液を選ぶ時のポイント

ビタミンC誘導体が抗酸化作用が高いからといって、多く含まれているものを選んだらいいというわけではありません。ビタミンC自体が肌に対して刺激があるため、肌が弱い方は配合量が多いものを使用するのは控えておいた方がいいです。