運動時は水分とミネラルが不足するのでシリカ水で補給しましょう

bd3d636b29da0af4f1eb5538a61a1882_s

運動をすると水分だけでなくミネラルも体内から排出されてしまいます。

ミネラルは体を健康な状態に保つために必要な成分ですから、運動をする場合には、事前にミネラルウォーターでしっかりと摂取しておくことが大切です。

当サイトでオススメしている「シリカ水」は、マグネシウム、サルフェート、シリカといったミネラルが豊富に含まれているミネラルウォーターです。

それぞれのミネラルの働きについて紹介します。

マグネシウムは脂質や糖質の代謝を向上させて血液を固まりにくくし、カルシウムが血液中に沈着するのを防止してくれます。カルシウムが沈着すると関節の痛みなどを引き起こしてしまいますので、それを防いでくれるのです。

サルフェートは、体内に蓄積した有害な化学物質や老廃物の排出を促進してくれるのでデトックス効果が高いのが特徴です。

最後にシリカですが、こちらはコラーゲンの生成をサポートしてくれたり、活性酸素の働きを抑えてくれるのですが、運動時には活性酸素への働きの方が重要になります。

活性酸素は酸化力の強いものですが、適度な量ならば体内に侵入した外敵を排除してくれるのに役立ちます。しかし、増えすぎると体内の細胞を傷つけてしまうので老化が進んでしまう可能性が高くなってしまいます。取り込んだ酸素の一部が活性酸素に変化する運動時には活性酸素の影響を受けやすくなります。それをシリカで防ぎましょう。

女性ならば肌の老化はなんとしても避けたいはず。そのため、美容目的でシリカ水を飲まれる方が増えています。

運動時のシリカ水の摂取の仕方について

まず運動前にシリカ水を250mlから500ml程度飲んでおくといいでしょう。水分が不足した状態で運動を始めてしまうと、運動中に血液の流れが悪くなり、老廃物をうまく排出できなくなってしまうからです。

運動中や運動後に水分補給をする場合は、シリカ水をそのまま飲むことはあまりおすすめできません。運動をすると水分と一緒にナトリウムが失われるのですが、この状態でシリカ水をそのまま摂取してしまうと、血中のナトリウムの濃度が下がってしまう可能性があるためです。

ナトリウムの濃度が下がってしまうと、体がバランスを保つために「これ以上水分を補給してはいけない」と判断してしまうので、水を飲む意欲がなくなるだけでなく、せっかく摂取した水分の多くが体に吸収されずに排出されてしてしまうことにもなります。

そうならないためにも、シリカ水が体に吸収されやすい状態にする必要があります。

そこでオススメなのが、水を人の血液中のナトリウム濃度に近い状態することです。シリカ水にナトリウム(塩分)を加え、さらに糖分も加えて飲むと体の働きを維持することにつながります。

「糖分は運動時には控えた方がいいのでは?」と思われるかもしれませんが、糖分は筋肉の収縮に使用されるため、体内に貯蓄していた糖分が少なくなると疲労の原因につながることがあります。

シリカ水500mlに対してナトリウム(塩分)を約1g、砂糖を約2g程度混ぜると自家製スポーツドリンクの出来上がりです。また、体のことを考えるならば、砂糖は白砂糖よりも黒砂糖がおすすめです。

砂糖はもともとサトウキビからできるものです。製造過程によって白砂糖と黒砂糖に分かれ、精製のためにミネラルが取り除かれたものが白砂糖です。ミネラルがない分、体への吸収は素早いのですが、血糖値の上昇が早くなるので、またすぐに砂糖が欲しくなってしまうという性質があります。

黒砂糖は、精製を行わずにサトウキビのしぼり汁を詰めて固めるので、カリウム、カルシウムや鉄分といったミネラルが豊富に含まれており、血糖値の上昇がゆるやかなので体にやさしいという性質があります。

ここまで読んでいただければ、シリカ水を運動時に摂取しておくと体に良いということがわかっていただけたかと思います。当サイトではシリカの含有量が多いシリカ水を紹介しているので、ぜひ確認してみてください。