シリカは爪を構成している成分の一つです

シリカは爪を形成する成分です

爪は体の健康を表すバロメーターの役割を担っています。

例えば、爪に縦線が筋のように出ているとストレスが溜まっていたり、腸の働きが低下している可能性を表しています。また爪が割れやすくなっているときは、体に必要な栄養素の摂取量が足りていない可能性があります。

爪も肌の細胞から形成されているので、コラーゲンが含まれています。肌の衰えとともに、爪がもろくなってきたと感じる方はコラーゲンの働きが低下しているかもしれません。

では、「コラーゲンを積極的に摂取したら爪が改善するのか?」というとそういうわけでもありません。コラーゲンの働きを十分に引き出すためにも、それをサポートしてくれるシリカというミネラルの働きが必要になります。

シリカという成分は、土の中や海の中に含まれる「ミネラル」のことで、穀類や海藻類に多く含まれています。主な働きとしては、体をつくる結合組織をつなぎとめる役割を持っており、髪や骨、肌、爪にとっても必要なミネラルです。

シリカは基本的に毎日摂取する方がいいのですが、毎日それを意識した食事を行うのは面倒なものです。そこでおすすめしたいのが、シリカの含有量が多いシリカ水を飲むこと。シリカ水をミネラルウォーター代わりに飲むと思えば、気軽に続けられますよ。

爪を丈夫にするにはシリカ以外の成分も摂取しましょう

爪を丈夫にするといっても、シリカばかりを摂取すればいいというわけではありません。爪に必要な成分は他にもあるので、バランスよく摂取することが大切です。

では、爪の形成に必要な成分について紹介します。爪は主にケラチンというタンパク質から構成されています。ケラチンは体内でタンパク質がアミノ酸に分解されて、再びタンパク質として合成されたものです。

タンパク質が多く含まれる食べ物としては大豆製品や鶏肉、卵があります。ただし、ケラチンが合成されるためには、亜鉛や鉄分、ビタミンB6といった成分も必要になるので、青魚やバナナ、肉類、レバーといった食べ物で摂取をするのがおすすめです。

ただし、爪に良い食事を始めてもすぐに変化が表れるわけではありません。手の爪の場合、一ヶ月に3mm程度しか伸びないといわれているため、完全に生え変わるまでに三ヶ月程度かかります。また、足の爪の場合にはもっと伸びるのが遅く一ヶ月に1.5mm程度しか伸びないので生え変わるまでに半年程度かかるといわれています。

そのため、爪の変化は長期的に捉えていく必要があります。すぐに爪の調子が改善しないからといい、途中であきらめないことが肝心です。

当サイトでは女性に人気のシリカ水を紹介しているので以下でチェックしてみてください。

mizuir02