豆乳がまずい

豆乳の大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きを持っているためコラーゲンやエラスチンの生成を促してくれます。そのため、美肌目的で飲んで見たという方が多いものです。

でも実際に飲んでみると豆乳は非常に飲みにくいのでまずいと感じてしまうのが普通です。ただ、初めて豆乳を買われた方は無調整豆乳と調整豆乳の違いを知らず買っている場合があるので、そこを理解しておくべきでしょう。

調整豆乳は飲みやすさを考慮して糖分が加えられているので、何も加えていない無調整に比べてある程度飲みやすくなっています。

ただし、調整豆乳を飲んでみてもまだ飲みにくかったり、逆に甘すぎると感じることがあるかもしれません。そういったことを考えると無調整豆乳をリンゴジュースで割って飲むのがおすすめです。

これならば豆乳の癖がなくなって、味もまろやかになるので毎日飲むことができます。