豆乳の美肌効果

豆乳には美容や健康にいい成分がたっぷり含まれています。ここではその成分と効果を詳しく紹介しています。

豆乳に含まれる成分とその効果

豆乳には、大豆たんぱく質、イソフラボン、サポニン、レシチン、不飽和脂肪酸が含まれています。

大豆たんぱくは、血液中の脂質と結合して体外に出す働きがあるため、コレステロール値の低減に効果があります。近年では心臓病のリスクを抑える効果が見込まれるため積極的に摂取することが推奨されています。

イソフラボンについてですが、これは抗酸化作用が高いため細胞を活性酸素から守ってくれる働きがあります。また、女性ホルモンのエストロゲンと似たような分子構造であるため、女性ホルモンが不足することで起きる更年期障害のトラブルを軽減してくれるため肌のハリや髪のツヤを維持することができます。

サポニンはマメ科の植物に多く含まれる成分ですが、大豆には「大豆サポニン」というものが含まれています。主な働きとしては、血中の中性脂肪の割合を下げたり、血流を促進させることで動脈硬化を予防する働きがあります。

レシチンは細胞膜に存在しており、細胞に栄養や酸素を供給した入り、老廃物を排出する働きを持っています。レシチンが不足してしまうと新陳代謝が低下してしまため、体の働きが悪くなってしまいます。

不飽和脂肪酸は亜麻仁油やエゴマ油などに体にいい油に含まれている成分です。豚肉や牛乳のような油は常温では白く固まってしまうため飽和脂肪酸と呼ばれますが、不飽和脂肪酸は固まることなくさらさらとした状態のため血流を促進する働きがあります。

豆乳は一日にどのくらい飲むといい?

ネット上で豆乳の摂取量を調べると一日200~400mlがいいと書かれていることがありますが、それは特定保健用食品の場合です。豆乳は普通の飲料のため特に摂取量に制限はありません。

バランスよく豆乳の成分を摂取したいならば、200mlを一日三回飲むのが良いでしょう。

また、豆乳以外に大豆製品をよく食べられる方はその分の栄養も考慮して豆乳の摂取を減らすのもありです。

調整豆乳と無調整豆乳の違い

調整豆乳は砂糖が加えられているため、豆乳の飲みにくさを抑えた状態で飲むことができます。無調整豆乳は余計な成分を加えていないため、調整豆乳に比べてイソフラボンの含有量が多いのが特徴です。

初めて飲む際には調整豆乳の方をおすすめしますよ。

美肌効果を期待するならシリカ水もおすすめ

最近は美容目的でシリカ水というミネラルウォーターを飲まれている方が増えてきているんですが知っていましたか?シリカというのは天然水に含まれるミネラルで、コラーゲンの生成を高めてくれる役割を持っています。

年齢とともにシリカは体から不足していくため美肌を維持するためには定期的に摂取する必要があるんdねす。

シリカ水