気になるからこそ失敗しがちなシミ対策

シミ対策としてスキンケア

お肌のお悩みで「ほうれいせん」や「しわ」と並んでトップクラスなのが「シミ」でしょう。「少しでもシミを消したい」との思いから、さまざまなことにチャレンジしているのではないでしょうか?

スキンケアの意識が高いことはすごくいいことだとは思うのですが、そのケア方法が間違っていては元も子ありません。そこでここからは、シミへのケアの意識が高いがために陥りがちな“間違った”ケア方法を紹介していきます。

1.こまめにケアのための化粧品を変えている

いろいろ試してみて“自分にあったもの”を探し出すことは大切なことです。ですが、ころころと変えてしまっては逆の効果となります。肌の一番上の部分である“表皮”は、28日のサイクルで新陳代謝が行われます。この28日間の間に複数の化粧品を使ってしまうと、どれが効果があり、どれがダメだったのかがわかりません。少なくとも3カ月~6カ月程度は続けてみて効果を確かめましょう。

2.過剰な洗顔

「メイクを残したまま寝てしまうとシミになる」。この説を信じてはいませんか? ちょっとでも洗い残しがあるとシミになるとの思いから洗浄力の強い洗顔料を使ってしまうと保湿効果のある皮脂を失ってしまうだけです。そもそもメイクの残りが肌に影響を与えるためには相当な時間が必要で、たいていの場合は古い角質とともに押し出されてなくなってしまいます。過剰な洗顔をしていないかを見直すことが肝心です。

リスクなく続けることができるのがシリカ水です

シミに効果があると思ってやっていることが「リスクかもしれない」と感じてしまうとケア事態の迷路に入り込んでしまうのかもしれません。

だからこそ、コラーゲンとの相性が良く肌の状態をサポートしてくれるシリカ水をおススメします。

シリカ水は、飲み続けるだけで肌へのケアになる可能性が高い飲み物です。

しかも、飲料水として普通に使用する分には、「お腹を壊す」程度ぐらいしかリスクはありません。

シリカ水を日常に取り込んで、リスクなく肌への意識を高めてみてはいかがでしょうか?

>>シリカ水の詳細はこちら