化粧品や生活改善ではなく治療としてのシミ対策、その効果とリスク

しみのレーザー治療

「シミをどうしても消したい」「すぐに消したい」などのニーズとして存在しているのがレーザー治療です。レーザーをシミに照射することでメラニン色素を焼いてしまってシミを消し去ってしまうという治療法です。レーザーはメラニン式を以外には反応しないので、シミ以外の肌を傷つけることはありません。

ただし、レーザーで焼き切れないシミもあり、絶対に消えるものではありませんので、レーザー治療を選択する際には、まずお医者さんに消えるシミなのを確認しなければいけません。

また、長い間放置していたシミは肌の深層にまで潜ってしまっているので、一度の治療だけでは消えずに何度も治療を受けなければならないこともあるそうです。

そして、ここが一番問題なのかもしれないのですが、「費用が高い」ということです。保険が適応されないため自費診療になってしまいます。

最後に、レーザー治療にはリスクがあることも覚えておいてください。

シミのレーザー治療をキーワードに検索をすると、「濃くなった」や「痛み」などの声を探し出すことができます。

消すことができる反面、それには個人差がある。

レーザー治療の持つこのリスクを軽減するためには、しっかりとお医者さんに相談し、もし治療を決断したのなら、施術後のアフターケアもお医者さんといっしょに取り組んでいくことが必要です。

レーザー治療については、「簡単に消せるかもしれない」「短期間で消せるかもしれない」という良い部分だけを見るのではなく、リスクも把握して決断していく必要があるのです。