シリカ水と水素水の特徴

シリカ水と水素水の違いについて
雑誌やネットでは、「シリカ水が美容に良い」と紹介されていたことも多くありました。しかし、最近は水素水が話題になったこともあって、どちらを選ぶべきか悩むことが増えていませんか?

ここから、シリカ水と水素水の違いを紹介していきますので、それぞれの特徴を知った上でどちらを購入するか決めるといいですよ。

まずシリカ水についてですが、これはミネラルであるシリカが多く含まれる天然水を採取してボトリングしたものになります。国内のシリカ水の多くは、大分県や宮崎県で採取されたものが多く、1リットルあたり90mg以上シリカが含まれているものが多いのが特徴です。

シリカ(ケイ素)の働きとしては、体を形成する組織の結合を高めてくれる働きがあります。シリカがコラーゲンの同士の結びつきを強めてくれるので、美容維持の目的でシリカ水を飲まれる方が多いようです。

次は水素水ですが、こちらは水素が水道水やミネラルウォーターに比べて非常に多く含まれている水です。水素の分子はとても小さいため、水やペットボトルから抜け出しやすい性質を持っています。

そのため、人工的に水に水素を溶かし込んで、抜け出しにくいようにアルミパウチで密封して販売しているものが多くなっています。水素水には天然水を利用しているものがありますが、その天然水にはもともと水素が多く含まれているというわけではないので気をつけましょう。

水素水に含まれる水素の濃度は「ppm(パーツ・パー・ミリオン)」という単位で表され、市販の水素水は0.8ppm 以上のものが多く販売されています。水素を摂取するならば、この数値が高いものがおすすめですが、1,6ppmが水に水素を溶かし込ませられる濃度の上限となっているので、こだわりたい方は1,6ppmのものを購入するといいでしょう。

シリカ水と水素水のメリット・デメリット

シリカ水のメリットは、加熱してもシリカの量が減らないことです。そのため、料理に使用したり、コーヒーに作る際に使用して摂取することができます。

デメリットとしては、スーパーやコンビニであまり販売されていないことです。そのため、ネットの通販サイトで購入することになります。

次は水素水のメリットですが、水素水は伊藤園といった大手の会社が販売していることもあり、スーパーやコンビニで比較的入手しやすいということです。デメリットとしては「価格が高い」ということに尽きます。

例えば、伊藤園のボトル缶(410ml)タイプは200円で、楽天で人気の水素水「サラスパ」ならばアルミパウチ(500ml)タイプで420円という価格になっています。シリカ水の場合には、500mlあたり150円~165円程度のものが多いため、水素水が高いということが分かるはずです。

美容目的で選ぶならシリカ水

美容目的でシリカ水と水素水のどちらを選ぶかとなると、シリカ水がおすすめです。その理由としては、シリカは肌や髪、爪を構成する大切な成分だからです。

逆に水素水は、実験で人の体にいい働きを与えたというデータによる裏付けがないので、今購入するのは控えておいた方がいいです。ネット上には水素水には抗酸化作用があったり、活性酵素を除去してくれると書かれていることがありますが、はっきりと分かったわけではないので気をつけましょう。

水分補給の目的で水素水を飲むのはいいかもしれませんが、それぐらいならミネラルが豊富で価格もお手頃なシリカ水を選んだ方がきっといいですよ。

以下のページでおすすめのシリカ水を紹介しているので、ぜひご覧になってみてください。