便秘のメカニズムを知ることが肝心

便秘の原因

便秘って何気に使いがちな言葉ですが、その本当の意味を知っていますか。
これが調べてみるとなかなか面白いですね。

日本内科学会では「3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても残便感がある状態」。日本消化器病学会なら「排便が数日に1回程度に減少し、排便間隔が不規則で便の水分含有量が低下している状態(硬便)を指す」となりますが……

「ただし、明確な定義はない」とも書いてあります。そして、国際消化器病学会になるともっと長くなって……「排便回数が週3回未満。硬便が排便時の25%以上(4回に1回以上は硬い便)。用指的排便(指や綿棒などを用いて強制的に排便させる行為)が25%以上。努責(排便時に強くいきむこと)、残便感、閉塞感がみられる頻度が25%以上。以上の症状が6ヶ月前から少なくとも3ヶ月で基準を満たす場合が慢性便秘」。

もう医学書を読んでいる気分になりますね。
ですが自分が困っているなら、それが便秘ですよね。

医学的に定義されていることですから、便秘のメカニズムもしっかりと研究されているわけです。

便秘

便秘を単純に考えると、「排便のサイクルが壊れてしまっている状態」ですよね。
では、正常なサイクルはどういう流れしょうか。

食事→食道→胃と十二指腸で消化→小腸で栄養を吸収→大腸で水分を吸収→大腸の直腸にくると便意→排泄
これが正常な流れです。

この流れが壊れてしまう原因はいくつかあるのですが、便秘に悩む人の多くは弛緩性便秘と呼ばれるものに該当するそうです。弛緩性便秘の特徴は、便が水分のなくなった硬いものとなって残便感にも悩まされます。そして、お腹がはったり、肌が荒れたりしてしまいます。

この弛緩性便秘の原因は筋力の低下です。筋肉が弱くなって、便を肛門へと動かす腸のぜん動運動が低下すると便が出にくくなります。結果、便が大腸にとどまって水分を大腸に吸収されより出にくくなってしまうのです。送り出す力が弱くなって、便も出にくい。まさに負のスパイラルで慢性化してしまうのです。

便秘解消法は市販の薬やサプリだけでなく、ツボやヨガなどさまざまあります。
このサイトでもヨガはこちらで紹介していますので、確認してみてはいかがでしょうか。

便秘にはシリカ水がオススメ

シリカ水で便秘スッキリ

硬い便が便秘の負のスパイラルを生んでいるとするのならば、出しやすい便であればいいということですね。
そこで弊サイト推しのシリカ水を飲んでみてはいかかでしょう。
その理由は、シリカ水はマグネシウムの含有量が多いからです。
マグネシウムには、大腸の水分吸収を低下させる働きがありますから、大腸にとどまっている便の状態を保持してくれる可能性があります。

また便秘は、体に悪い物質が溜まりやすい状態です。シリカが働きかける体に蓄積された有害な化学物質の排出もプラスになるはずです。
そして、便秘の時にはシリカ水を一日あたり1.5リットル程度飲むのがおすすめです。この程度飲むとマグネシウムとシリカが十分に摂取できるだけでなく、排出される水分の量も多くなるので、腸のぜん動運動が促進されます。特にダイエット中の方は食事の摂取量が減るのに伴い、水分の摂取量も減るので便が硬くなる傾向が高いため、水分補給をしっかりと行うのが大切です。

mizuir02