線維芽細胞の働き

線維芽細胞を増やす方法

線維芽細胞とはコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの肌の弾力や保湿を維持する成分を生成する細胞のことです。若い頃には線維芽細胞は数も多く活発に働いているため、若々しい肌を維持することができますが、年齢とともに衰えるため額や目元、口元にシワやたるみとなって老化の症状が現れてくるのです。

線維芽細胞が衰えてしまう原因

線維芽細胞の働きが衰えてしまうのは、酸化が主な原因です。酸化とは細胞がさびてしまっている状態で、紫外線やストレスによって発生した活性酸素により引き起こされます。

線維芽細胞を衰えを防ぐ方法~食事~

線維芽細胞の働きを維持するためには、抗酸化作用の高い食べ物を摂取して酸化から身を守ることが大切です。

抗酸化作用の強い成分は以下になります。

  • ベータカロチン
  • ビタミンC
  • ビタミンE

ベータカロチンはニンジン・かぼちゃ・ブロッコリーといった緑黄色野菜、ビタミンCは柑橘類、ビタミンEはアーモンド、落花生、オリーブオイルに含まれています。

繊維芽細胞の注射

美容クリニックでは、自分の肌にある線維芽細胞を培養して注射で注入するという治療を行ってもらうことができます。ただし培養する費用が数十万円もするのでとてもお金がかかります。

注射ならばまとまった量の繊維芽細胞を注入することができるので、すぐに肌の変化を感じることができますが、時間とともに細胞数は減っていくため再度注射を行ってもらう必要があるかもしれません。

>>線維芽細胞の培養費用(外部サイト)