白湯の作り方

近頃はテレビや雑誌、書籍で「白湯が体にいい」と紹介されるようになりました。白湯自体はインド発祥のもので、美肌・便秘・デトックス・ダイエットに効果があることから「魔法の飲み物」として有名なんです。

水があれば白湯は作ることができるため、ほとんどお金をかけずに済ませることができます。

では、白湯の作り方について詳しく紹介していきます。

白湯の作り方は、以下の三つがあります。

  1. やかんや鍋・鉄瓶で沸かす
  2. 電子レンジで温める
  3. 電気ケトルで温める

電子レンジや電気ケトルならば短時間で白湯を作れますが、当サイトではやかんで沸かして作ることをおすすめします。その理由はインドの伝統医学「アーユルヴェーダ」では水を火で熱することで、空気中に存在する「気(エネルギー)」を取り入れやすくなると言われているためです。

体調不良や疲れている時には、気が足りていないと言われているので、白湯でしっかりと気を補給することが大切。

やかんで作ったからと言って、明らかに効果が違うということを実感できるわけではありませんが、火で熱した方がなんとなく体に良さそうというのは分かるはず。

白湯の作り方

1.やかんや鍋・鉄瓶に水を入れて強火で熱し、沸騰してきたら蓋を外して10~15分ほど泡立たせてます。こうすることでお湯に空気が取りこまれやすくなり、アーユルヴェーダ的にいうと「気」が取りこまれやすくなるというわけです。

2.飲みやすい温度になるまで冷まします。(50~60℃にまで下げると飲みやすいです。)白湯を多く作られる場合には、飲みきれない分を保温ポットに入れておくと温かさを持続させられます。

白湯を作る時には水道水よりもミネラルウォーターがおすすめ

白湯を初めて作った時に「おいしくない」と感じてしまう原因として水道水を使っているケースがよくあります。水道水には塩素が塩素が含まれているため、沸騰させて飲んでも変な味になってしまいがちです。

ミネラルウォーターならば塩素が含まれていないため、飲みやすい白湯が作れるだけでなく、豊富なミネラルも摂取することができます。

白湯の効果的な飲み方

白湯を飲む際には、ゆっくりと飲むようにしましょう。一気に飲んでしまうと熱さで胃に負担がかかってしまうためです。また、白湯の摂取量の上限は一日当たり800ml~1000mlぐらいにしておきましょう。

飲む時間帯としては好きな時に飲んでいただいて構いませんが、朝起きて飲むと腸を温めて活性化させることにつながるのでおすすめです。

また、白湯は味がないので飽きてしまいそうと感じる方は、市販のレモンの濃縮液を混ぜると飲みやすくなりますよ。

 

白湯を作る際にはミネラルウォーターがいいとご紹介しましたが、白湯でデトックスや美肌効果を期待しているならば「シリカ水」を利用するといいですよ。シリカ水にはシリカ水というミネラルが多く含まれていますが、これは体内に蓄積した毒素を排出してくれたり、コラーゲンの生成を高めてくれる働きがあります。

人気のシリカ水を以下で紹介しているので、ぜひ白湯に利用してみてください。