カワイイペットの死への向き合い方

ペットロス

ストレスはお肌の天敵です。
この場合のストレスは内的ストレスを表します。

内的ストレスは、体内に大量の活性酸素を発生させ、細胞をさせてしまいます。
結果、肌が荒れ、肌年齢も上がってしまうのです

さらに、内的ストレスはホルモンバランスも狂わせます。
ストレスホルモンや男性ホルモンが分泌されることで皮脂分泌が過剰になり、ニキビやふきでものを発生させてしまうことになり、それが続くとシミになってしまいます。

これだけでなく、もっと多くの悪影響を引き起こすストレス。

そのストレスから解放してくれる存在としてペットを飼っている方もいるでしょう。

カワイイペットに癒される……。

反面、そのペットを亡くしてしまったときの「ペットロス」が注目されるようになってきました。
ペットの死から立ち直ることができる、心がずっと沈みがちになってしまうペットロス。
どうすれば立ち直ることができるのでしょうか?

まずは、「悲しみ」が自然な感情であることを認識することです。
ほとんどの人が、
自己を防衛する衝撃期

真の心の痛みを体験する悲痛期

前向きに考えることができるようになる回復期↓

ペットとの時間を思い出ととらえるようなる再生期

こういった過程で立ち直っていきます。
ペットが残してくれた素晴らしい時間を思い出して、穏やかに過ごしていれば気持ちが落ち着いてくるはずです。

また、ペットロスに悩んでいる人に「新しいペットを勧める」のは厳禁です。
悲しみと向き合っているときに「新しい子」を勧められると「悲しんではいけない」と受け取って、自分の心を周りがわかってくれないと孤独を感じたりするのです。悲しみから抜け出し「飼いたいな」と思けたときが新しいペットと出会うタイミングなんです。

ストレスを忘れさせてくれるペットの存在。
ペットが年老いてくるとペットロスにおびえてしまう人もいるとも言いますが、数多くの笑顔がペットロスから脱するキーポイントになることを思うと、今を充実させることが重要なのです。