体にいい食事を意識し始めると、「どういった水を飲むといいのだろう?」と水にもこだわりたくなるものです。日本の水道水は安全とは言われてはいますが、摂取しすぎると体によくない塩素が含まれているからあまり飲みたくないという方が少なくありません。

体に良い水を飲むならばミネラルウォーター(天然水)を飲むのが最適です。ミネラルウォーターは採水した水を加熱殺菌してボトリングをしているので、塩素が配合されておらず安心して飲むことができます。

また、ミネラルが豊富なので体に必要な成分を摂取することができます。

ミネラルウォーターには軟水と硬水の二種類が存在しますが、それぞれの特徴はご存知でしょうか?「硬度が違うから飲みやすさが違うだけなのでは?」と思っていた方は、ぜひこれから紹介する内容を理解して、ミネラルウォーターを購入する際に役立ててみてください。

軟水と硬水の違い

水の硬度は、水1リットルに含まれるカルシウムとマグネシウムの量で判別されます。1リットルに120mg以下の含有量ならば軟水で、120mg以上ならば硬水と定義されています。

日本の水道水や天然水は軟水が多く、海外の水は硬水が多くなっていますが、これは自然環境が異なるために起こっている現象です。

起伏に富んでいる地形が多い日本の場合、降り注いだ雨が地面を通過する時間が短くなり、鉱物が含まれる量が少なくなっています。

反対に海外の場合は、起伏の差が日本ほどないので降り注いだ雨は長い時間をかけて地面に浸透していきます。そのため、鉱物が含まれる量が多くなります。

硬度の高すぎる水は逆効果

硬水に豊富にミネラルが含まれているからといって、あまりに硬度が高い水を飲むのはおすすめできません。人が一日吸収できるミネラルには限度があるだけでなく、軟水に慣れている日本人が海外の硬度の高い水を飲むとお腹を下す可能性があるからです。

硬度はカルシウムとマグネシウムの量で決まる

また、ミネラルには様々な種類がありますが、先ほど紹介したように水の硬度を決めるのにはカルシウムとマグネシウムの二つです。なので、硬度を目安にするのではなく、自分の必要とするミネラルが含まれているのかを確認する方が大切です。

例えば、体に蓄積した老廃物を排出したい方はサルフェートの含まれる水を、肌のうるおい・ハリが欲しい方はコラーゲンを束ねる働きのあるシリカが含まれる水を選ぶことです。

おすすめのミネラルウォーター

キリン アルカリイオンの水

キリンのアルカリイオンの水
キリンが販売するアルカリイオンの水は、地下からくみ上げた天然水を電気分解することでアルカリ化しているため、飲み心地がとてもまろやかになっているのが特徴です。料理やご飯を炊く際に使用することで、おいしくなるといった声が多いので使い道が肌広いです。

玉肌シリカ天然水

玉肌シリカ天然水

玉肌シリカ天然水は、コラーゲンの形成をサポートしてくれるシリカが多く含まれる天然水で、肌に悩みを抱えた30代以降の女性から愛飲されています。軟水に近い硬度のため飲みにくさを感じることはありません。

今ならお試しで500mlの3本セットが500円で購入できるので、気になる方は一度飲んでみることをおすすめします。