ほうれい線を消す方法
年齢を重ねていくと誰もがほうれい線の悩みを持ち始めます。今はうっすらとしたほうれい線であっても徐々に溝が深くなっていくため、対策をしていないとあっという間に取り返しのつかないことになってしまうかもしれません。

ほうれい線があると老けて見られがちなので、若さを保つためにもここではほうれい線を消す方法を紹介しています。

ほうれい線の原因を知って適切な対処をしましょう

ほうれい線といっても複数の要因によってできてしまっているため、まずは原因を知っておくことが正しい対処法を知る近道です。

ほうれい線の原因は主に以下の2つになります。

1.表情筋の働きが低下日頃から表情筋をしっかりと活用できていると頬が垂れにくいため、ほうれい線を予防することができます。しかし、普段の仕事でパソコン作業が長い方だと表情筋をほとんど使用しないため頬が垂れやすくなっています。

2.コラーゲン・エラスチンの働きが低下

コラーゲンとエラスチンは肌の弾力性を生み出してくれているとても重要な役割を持った成分です。ご存知の通り、加齢とともにその働きが低下していくため、ハリが不足した肌へ変化していきます。ハリが不足すると頬が垂れた時にシワができやすくなるため要注意です。

 

では、原因別のほうれい線対策ですが、まず表情筋についてはリフトアップや専用の器具を活用して鍛えるのがオススメです。表情筋を鍛えるときに押さえておきたいポイントは「やりすぎない」ということです。ほうれい線を消したい方はついつい時間をかけて入念に行いがちですが、あまりにも刺激を与えすぎると余計にほうれい線がひどくなることがあります。

器具はだいたい「一日1分程度でOK」と記載されているものが多いため短時間で済ませることが大切です。

>>【ほうれい線対策】表情筋を鍛えてくれる器具はこちら

表情筋を鍛えることは、あくまでほうれい線予防やこれ以上溝が深くならないようにするためのもので、ほうれい線を消すことには直結しません。ほうれい線を消すためにはほうれい線によって変形してしまったコラーゲンを新しくする必要があります。

コラーゲン・エラスチンの働きが低下して肌のハリが不足していることについては、肌にいい食事を心がけることが大切です。コラーゲンはアミノ酸から作られるため、鶏肉や豚幾、赤身など質の高いアミノ酸が含まれる食べ物を積極的に食べるようにしましょう。

コラーゲンを生成を高めるためにはコラーゲン製品を食べたらいいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、コラーゲンを摂取したからといってそのままコラーゲンとして使用されるわけではないので、原料となるアミノ酸をバランスよく摂取した方がいいというわけなんです。

丈夫なコラーゲンを作るためにはシリカというミネラルがおすすめ

年齢によりコラーゲンの働きが悪くなるのは、コラーゲン同士の結びつきが低下していることが挙げられます。シリカというミネラルがあればこの結びつきを強めることができるのですが、食べ物ではたくさんの量を摂取しにくいのがネックです。

でも大丈夫です。

このシリカは、シリカ水と呼ばれるミネラルウォーターに多く含まれているため、手軽に摂取することができます。

シリカのさらに詳しい働きについては以下のページで紹介しているのでぜひチェックしてみてください。

シリカ水