ほうれい線のできやすさをチェック

30代以降になると肌の老化が加速するためたるみが生じ、ほうれい線ができやすくなります。ここではほうれい線のできやすさを確認するチェック項目を用意しているので今の状況を把握してみましょう。

ほうれい線のできやすさチェック項目

  1. 普段から無表情の時が多い
  2. 頬にたるみが出ている
  3. 笑うとほうれい線がくっきりと残ってしまう
  4. パソコン作業が多い
  5. 肌に潤いがあまりない
  6. 猫背気味である
  7. 舌回し体操をよく行っている

特にパソコン作業をしていて無表情で過ごす時間が長い方は、表情筋が垂れやすいためほうれい線につながりやすいので要注意です。対策としては2時間に一回程度は表情を低輝度に動かして刺激を与えることが大切です。

以下のページでほうれい線対策用のグッズを紹介しているので、毎日使って昔の肌を取り戻しましょう。

ほうれい線対策に便利な美容液とクリーム

1位 プラセンタたっぷりの「金微笑」
金微笑
金微笑(きんびしょう)はほうれい線や目元のしわに悩む方にピッタリな美容液です。従来のプラセンタの質を高めた「ハイブリッドプラセンタ」を使用しているので、弾力のある肌に導いてくれます。
2位 ラメラエッセンスC
リポコラージュ
ラメラエッセンスCは生コラーゲンを使用した美容液。ぷるぷる肌になりたい方のためにコラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸も豊富に含まれており、使って一回で良さを実感できた方が多いんです。
3位 ディアフルラン
ディアフルラン
ディアフルランは抗シワ製品評価試験済のシワに対して効果があることが認められたシワ対策クリームです。アンチエイジングに溶かした10種の成分を含んでいるので弾力・うるおい・ハリを実感したい方におすすめです。