肌に良い食べ物

毎日の食生活は肌に大きな影響を与えています。日頃の食生活を振り返ってみて、野菜を食べる量が少なかったり、油が多く含まれるものを多く食べていると肌荒れやニキビの原因になってしまいます。

美肌を維持するためにも、食べ物に含まれる栄養分についてきちんと理解しておく必要があるため、この記事では肌に良い栄養が含まれる食べ物をいくつか紹介しています。

肌に良い食べ物

ニンジン

にんじんにはβカロテンが豊富に含まれているため、抗酸化の働きにより活性酵素を抑制することができます。また、カリウムが含まれているので体内の余分な水分を排出する効果があります。むくみに悩まれる方は余分な水分を含んだ状態になっているので、ニンジンを食べてすっきりとするのがおすすめです。

アセロラ

アセロラというと「アセロラジュース」で見にされた方がいるかもしれません。アセロラはサクランボによく似た果実で熟したものほどビタミンCの含有量が多いのが特徴。そのため、抗酸化作用がとても高く、シミやそばかすの原因となる色素沈着を防いでくれます。

美肌といえば、ビタミンCが有名。ビタミンCがたっぷりと含まれているのが、アセロラです。ビタミンCの抗酸化作用によって肌の老化を抑え、シミの原因ともなる紫外線対策にも有効です。ビタミンCは、保湿成分として欠かせないコラーゲンの生成を助ける役目を果たします。潤い、弾力、ハリなどを促すコラーゲンは乾燥しがちな肌には積極的に取り入れたい成分です。

出典:食べ物に含まれる栄養素が乾燥肌改善のカギ!

パプリカ

パプリカはピーマンと似ているため、同じようなものでは?と思われているかもしれません。ですが、パプリカはピーマンよりもビタミンCが豊富なのが特徴です。肉厚で甘みがあり、生のままでも食べられるためサラダにピッタリです。

このパプリカに含まれるビタミン類には抗がん作用があります。パプリカに含まれるβカロテンはピーマンの20倍もあり、癌予防や抗酸化作用、老化防止などの効果があります。

そしてビタミンPは動脈硬化を予防し、血圧を下げ血中コレステロールを改善し、また、ビタミンCの効果を継続させてくれる効果があります。そしてビタミンCはビタミンCは、ニキビ予防や肌荒れ予防などコラーゲンの生成を促す効果が期待できます。

脂溶性のビタミンAには、肌荒れや肌の乾燥を防いでくれる効果があります。さらに肌荒れに効果が高いとされているビタミンB2は、ニキビはもちろん口内炎など、肌荒れ全般に良い効果が期待されます。

出典:食事で美肌になる!肌に良い食べ物と悪影響の食べもの

注意点

美肌をかなえるために最適な食べ物を紹介してきましたが、特定のものばかり食べるのは栄養が偏ってしまうので逆効果です。バランスよく栄養を摂取することで肌の働きが良くなるので、一週間分のレシピを決めておくといいでしょう。