84038

きれいない肌を維持するためには毎日の食生活を見直すことが大切です。いつも似たような食事をしていると栄養が偏ってしまい肌荒れやくすんだ肌になりやすい傾向にあります。

おすすめなのはビタミンや抗酸化作用の高い果物を積極的に食べることです。果物には肌にとっていい成分が豊富なので、みずみずしい肌を取り戻すことにつながります。

では、肌にいい果物を紹介していきます。

キウイ

肌をきれいにしたいならばビタミンCの摂取は欠かせません。ビタミンCは抗酸化作用が高いため、活性酵素により細胞が傷つけられてしまうことを防いでくれます。

また、ビタミンCを多く摂取したいなら普通のキウイではなく「ゴールドキウイ」という黄色のものを食べるのがおすすめ。ゴールドキウイはニュージーランドの販売会社が日本人の味覚に合うように開発したもので酸味が少なく、甘みがあるのが特徴です。

マンゴー

マンゴーにはビタミンA,ビタミンC、βカロテンがバランスよく含まれています。βカロテンは様々な働きを持っていますが、肌に対して抗酸化作用を持っており、ビタミンCと一緒に摂取することで美肌効果を高めることができます。

リンゴ

リンゴは毎日一個食べていれば医者いらずと言われるほどに万能な果物です。ポリフェノール・クエン酸・リンゴ酸が多く含まれおり、皮には特にポリフェノールが多いと分かっています。

リンゴ酸についてですが、これはリンゴの酸味となっている成分のことです。美白効果が高いため、シミに悩まれる方に最適です。

バナナ

バナナというと便秘に良いという印象を持っている方が多いと思いますが、肌に対していい効果があるんです。ポリフェノールが多く含まれているため、抗酸化の作用を期待することができます。

当サイトでは、美容対策に最適なシリカ水というミネラルウォーターを紹介しているため気になる方はぜひ確認してみてください。

シリカ水