肌にいい飲み物を3つ紹介!

8503

寒い冬。

血行が悪くなる上に、乾燥する季節になりますから、「乾燥肌」に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

乾燥肌を“治療”するとなると保湿剤を使って肌にうるおいを与えることが対処法となりますが、“治療”と同様に洗顔やお風呂の入り方、そして食生活の見直しなど、日常生活でのスキンケアも重要になってきます。

「かゆいからかいてしまう」というのは絶対にやってはいけないことの筆頭ではありますが、ファストフードなどばかりを食べて栄養が偏ってしまうことも厳禁です。

ですが、栄養を意識したレシピを毎日考えて続けていくことは難しいことです。

そこで、おすすめしたいのが、「肌にいい飲み物」です。

飲み物でしたら、食事と違って、手間があまりかかりませんし、会社でも作ることができるかもしれません。

温かい飲み物でしたら、体も暖まって一石二鳥です。

ここから、肌にいい飲み物を紹介していきますので、自分に合った飲み物を探してみてください。

1.ハト麦茶

ハト麦茶

体の代謝を活発にして健康な肌をつくりだすビタミンB2をはじめとしたビタミンB群やアミノ酸をたくさん含んでいるハト麦茶。多くのお店で手に入るので、飲み続けるのも簡単です。

パックを使う場合は蓋をして3~5分くらい蒸らした方がおいしくなります。

2.ローズヒップティー

ローズヒップティー

還元作用と酵素阻害作用に優れるビタミンCを豊富に含んでいるのがローズヒップティーは、肌にいい飲み物の代表格といってもいいでしょう。こちらも入手が簡単なので、すぐにでも飲み始めることができます。

細かいカットのものなら3~5分、荒いカットのものなら7分くらい蒸らすとおいしくなります。また、カップの残った“実”は食べたほうがより効果的です。

3.ハイビスカスティー

ハイビスカスティー

ビタミンCやカリウムを豊富に含んでいるハイビスカスティー。細胞の老化を食い止め、発がんリスクを抑えるともいわれています。ほかの2つに比べて購入が難しい面もありますが、大手百貨店やネットショップを利用して購入するといいでしょう。

酸味がきつい場合は、はちみつなどで甘くしましょう。

これらの飲み物が「肌にいい飲み物」です。特に②と③はブレンドされているもののあるので、探してみるもいいと思います。

※写真はすべてイメージです。

肌にいいシリカ水だから相性ばっちり

これまでは肌にいい飲み物を紹介してきましたが、どれを選んでも必要になってくるのが“水”です。

せっかく“お肌のため”に飲み続けるのですから、よりいい状態にして飲むほうがいいでしょう。

だから、当サイトがオススメしているシリカ水を使ってみて下さい。

シリカ水は、ミネラルが豊富なうえ、“シリカ”がコラーゲンの結束を促してくれます。さらに、市販されている多くのシリカ水が「温める」ことについては否定的ではありません。

ただし、問題がないわけではありません。

ミネラルが豊富なシリカ水の多くは「硬水」となるものが多いです。

お茶や紅茶、ハーブティーと硬水の相性は悪く、香りや色を邪魔してしまうといわています。

ですが、日本国内を水源とするシリカ水の場合は「中硬水」と呼ばれる、かなり軟水に近い水となっています。飲んだ感覚も軟水とあまり変わらないので、国内産の中硬水のシリカ水であればお茶や紅茶、ハーブティーに使っても問題ないと思います。

「中硬水」のシリカ水はこちらになります。