エラスチンの働きについて

エラスチンの働き

エラスチンは弾力性のある成分でコラーゲンをつなぎとめる働きをもっています。肌の弾力性や潤いを保つためにはコラーゲンに目がいきがちですが、エラスチンも重要な役割を担っているのでちゃんと知っておく必要があります。

エラスチンは線維芽組織から作られますが、コラーゲンやヒアルロン酸といった成分もここから作られています。線維芽組織は活性酸素によるダメージを受けやすいので、年齢とともにエラスチンなどの生成が減っていき肌の弾力性や潤いが低下し、シミやたるみができやすくなります。

線維芽細胞の働きを活性化させる方法

肌の弾力性が不足したり、たるみが出てきた時には「エラスチンを増やしたい」と思われるかもしれませんが、大切なのはそれを生成してくれる線維芽細胞を増やす対策を行うことです。以下のページにて線維芽細胞の働きを活性化してくれるFGFという成分について紹介しています。

>>線維芽細胞を増やす方法はこちら

エラスチンが含まれている食べ物

線維芽細胞を活性化させることが大切だと説明しましたが、エラスチンそのものを摂取することも少しではありますが効果はあります。

エラスチンが含まれる食べ物は基本的にコラーゲンが多く含まれる食べ物と同じなので、以下のものを食べるのがおすすめです。

  • 手羽先
  • フカヒレ
  • 軟骨
  • 青魚

また、エラスチンは活性酵素に弱いため抗酸化作用の高いビタミンCが含まれる食べ物と一緒に摂取するのが肌の弾力性や潤いをキープするコツです。

エラスチンを増やすならシリカも摂取しましょう

肌の弾力性を高めるならばエラスチンだけでなく「シリカ」というミネラルを摂取することもおすすめです。エラスチンがコラーゲンを杭のようにつなぎとめる働きがある野に対して、シリカにはコラーゲン同士を束ねて丈夫にする働きがあります。

丈夫なコラーゲンがあるとより弾力性が高まるので、肌が若返ったように感じることでしょう。

シリカは天然水に含まれるミネラルのため、摂取するならシリカ水というものが最適です。

>>シリカ水の詳細はこちらで解説しています