知っているようで知らないコラーゲン

コラーゲンとシリカ水の関係

美容や健康、肌荒れなどを調べているとよく目にする“コラーゲン”。

ことあるたびに「大切」とか「重要」などと言われるものですから、ほんやりとでも「美容にとってはいいもの」と認識していますよね。

当サイトがオススメしているシリカ水も「コラーゲンの結束をサポートする」ことが特徴のひとつです。

コラーゲンの結束で、お肌や爪の状態に差が出てきてしまうのですが、そもそもコラーゲンってなんなのでしょうか?

本質を知っておくとより、美容や健康に対する意識もぐっと上がるのだと思います。

そこで、ここからは、「コラーゲンってなに?」という疑問について解説していきたいと思います。

コラーゲンってなに?

4769405
コラーゲンの網の目が痛むとそこの均衡が崩れ落ちてしわとなってしまいます

コラーゲンとはたんぱく質の一種を指す言葉です。体を構成するすべてのたんぱく質の約30%を占めるコラーゲンですが、約40%が皮膚、約20%が骨・軟骨、それ以外が内臓と血管・関節などに含まれています。特に、肌の真皮層(表皮の下の階層)は約70%がコラーゲンで形成されています。

この真皮層は、網の目のようになっているコラーゲンをエラスチンがつなぎとめている状態で、その間をヒアルロン酸などの基質が埋めているのです。

コラーゲンの網の目が痛んでしまうとしわとなってしまい、コラーゲンが弾力を失うと肌はたるんでしまうのです。また、コラーゲンの新陳代謝が2~6年と長いので、できる鍵エアをしてよい状態をキープすることが重要になってくるのです。

骨でのコラーゲンの役割は、まさに土台です。コラーゲンの周囲にカルシウムなどのミネラルがくっつくことで硬く丈夫な骨が完成します。血管をつくっているものコラーゲンです。また、爪・髪、筋肉を治す力も持っています。

だからこそ、美容と健康に大切な損刺しとなっているのです。

また、コラーゲンは若いころはどんどん生成されますが、20歳くらいをピークに代謝が落ちていきます。体にあるたんぱく質の30%を占めるコラーゲンが衰えていくのですから、それだけ体への影響も大きくなります。

しわが増えたり、髪のツヤがなくなったりする外見への影響はもちろん、関節の痛みや筋力の低下も引きおこします。ですから、アンチエイジングのキーワードになっているのですね。

コラーゲンの知識が深まったら、当サイトがシリカ水をおススメしている理由がわかっていただけるのではないかと思います。コラーゲンの結束を深め、豊富なミネラルでサポートするシリカ水は、本当にいいパートナーと言えるのです。

ミネラルウォーターに比べると少しお高めではありますが、「1日1本シリカ水」。この習慣はいかかがですか?