コラーゲンに副作用はないの?

肌に若さを取り戻すためにコラーゲンの摂取を考えてはいるけれど、コラーゲンって副作用があったりしたら心配という方のためにコラーゲンについて詳しく説明していきます。

コラーゲン自体は青魚・軟骨・手羽先・フカヒレに含まれていますが、今までにこれらのものを食べて調子が悪くなったという方はほとんどいないはず。コラーゲンはアミノ酸をもとにして作られているため、からだにとっては副作用はなくむしろいい成分なんです。
ただ、コラーゲンはタンパク質のため、タンパク質にアレルギーをお持ちの方が摂取した際には蕁麻疹が出てしまう可能性があるので気をつけておきましょう。

また、コラーゲンドリンクを飲まれた方にニキビや吹き出物が出てしまうケースがありますが、これは化学調味料が原因となている可能性が高いです。特に人工甘味料が多く含まれていると体がだるくなることもあるので、購入前には成分を良く確認しておくべきです。

コラーゲンを摂取してもあまり効果がない

コラーゲンに副作用がないなら、積極的に摂取しようと思われるかもしれませんが、実はコラーゲンを摂取してもはっきりと効果を実感できることはあまりありません。それは、コラーゲンは体内で吸収される時にアミノ酸に分解されてしまうので、再びコラーゲンとして生成される割合がとても少ないからです。

ただし、アミノ酸は体の様々な部分で利用されるためコラーゲンを摂取することが良くないというわけではありません。

ですが、コラーゲンの摂取が肌にあまり効果がないのならば、何か別の肌に良い成分はないのかと考えるものです。

そういう時におすすめなのが「シリカ」というミネラルになります。

シリカはきれいな肌を形成するサポートをしてくれる働きがあり、副作用もないため安心して摂取することができますよ。

以下のリンク先でシリカが多く含まれる「シリカ水」について詳しく紹介しているため、コラーゲン以外の方法で肌の調子を何とかしたいという方は確認してみてください。

シリカ水