離乳食までは水は必須ではありませんが、3カ月以降には水分補給として飲むのは可

赤ちゃんにシリカ水を飲ませてもいいの?

シリカ水をオススメしている当サイトですが、成人になった方はともかく、「シリカ水っていいかも」と思ったご両親やおじいちゃんおばあちゃんが、「赤ちゃんに飲ませてもいいのかな?」という疑問持っているのではないかと思います。

まず大前提として、胃や腸の発達が始まっていない新生児~離乳食を始める5カ月くらまでの赤ちゃんは特別に水を飲ませなくても全く問題はありません。

特におばあちゃん世代の方は、子育ての先輩方から「赤ちゃんには白湯を飲ませるもの」と教わっているかもれませんが、最近では上記のように離乳食時期までは水は飲ませないというのがスタンダードとなっています。もっというのならば、白湯を飲ませると腎臓に余計な負担をかけてしまう恐れもあるのです。

自分の経験を今の娘さんやお嫁さんに強く勧めてしまうと、いらぬ母娘or嫁姑紛争が始まってしまうかもしれません。

589872

少子高齢化社会ですから、共働きの両親が祖父母に孫の世話を頼みすぎて、祖父母が心身・経済ともに疲弊してしまうケースもあるようです。

埼玉県などでは、こういったすれ違いをなくすように「祖父母手帳(http://www.city.saitama.jp/007/002/012/p044368.html)」なる祖父母と孫の接し方の指南書を配布していますね。

すこし話がずれてしまいました。赤ちゃんのお水を飲ませるのは基本必要がないのですが、胃や腸が発達を始める3カ月以降ならば、母乳やミルクでは足らない部分を水で補ってもいいともいわれています。
お風呂の後や夏場に汗をたくさんかいたときなどですね。

さて、そうなってくると「ぜひシリカ水を!!」と言いたいところですが、シリカ水は赤ちゃんには飲ませるべきではないというのが現実です。

シリカ水は、シリカ・マグネシウム・サルフェートといったマグネシウムの含有量が多く、硬度が高いのが特徴です。発達が始まったとはいっても、腸の働きが成人とは比べものにならない赤ちゃんが飲んだ場合、ミネラルを吸収できずにおなかを壊す可能性があるんです。

赤ちゃんに与える水は基本的に煮沸消毒した水道水で大丈夫なので、無理に水を購入する必要はないでしょう。
水道水はミネラルウォーター(天然水)に比べて、体に良さそうなイメージがないと思われる方がいますが、水道水の水質検査はミネラルウォーターよりも厳密に行われているのでむしろ安全です。

硬度の低い天然水なら赤ちゃんに飲ませても大丈夫

ミネラルが豊富なためシリカ水は、赤ちゃんの体に合わないのですが、ミネラルが少なく硬度の低い天然水ならば飲ませても問題ありません。

また赤ちゃんには、純水(RO水)と呼ばれる天然水や地下水にろ過を行ってミネラルや不純物を取り除いたタイプの水を飲ませることもおすすめです。純水は硬度が0なので赤ちゃんのお腹に負担をかけないだけでなく、粉ミルクを作る時に栄養バランスが崩れにくいという特徴があります。

最近ではウォーターサーバーを提供している会社が、純水(RO水)を使用した赤ちゃん用のサービスを開始しています。ミルクづくりに便利な温水機能も付いているので大変便利です。赤ちゃんの体にやさしい水を飲ませたい方はこちらを利用するのもいいでしょう。