40代のスキン系対策にはコラーゲンが必要

以前までは、テレビCMでコラーゲン製品の宣伝があっても気にしてもいなかったのに、40代になってから「どのコラーゲン製品がいいのだろう?」と考えることが増えてはいませんか?

40代になると肌のハリってものすごく低下してくるからスキンケア対策って強く意識せざるを得ないですよね。

今回は、肌のハリに不可欠なコラーゲンについて詳しく紹介をしていきますので、ぜひ今後のスキンケアに活かしてみてください。

40代になったらコラーゲンは毎日5g以上摂取しましょう

女性の多くが一日当たりコラーゲンを1~2g程度摂取しているといわれています。コラーゲンの一日に摂取量は5g程度が良いといわれていることからすると、多くの方がコラーゲン不足になっていることが分かります。

若いうちはコラーゲンの摂取量が少なくても、特に問題はありませんが40代以降になると、肌に影響を与えやすくなるので要注意です。

そのため、コラーゲン食品やコラーゲンそのものを生成する栄養分が含まれるものを意識して食べる必要があります。

コラーゲンドリンクで摂取をする場合には、「低分子のコラーゲン」を配合しているのかをチェックしましょう。コラーゲンは粒が小さいほどに吸収されやすいので、肌に効果を期待しやすくなりますよ。

コラーゲンはアミノ酸から作られる

コラーゲンはもともとアミノ酸から作られたものなので、様々なアミノ酸が含まれたサプリを摂取することでもコラーゲンを生成することにつながります。例えば、「すっぽん小町」というサプリは一度は聞いたことがあるかと思いますが、こちらはコラーゲンの生成に必要なアミノ酸がバランスよく配合されているので40代の女性にとても人気です。

また、スキンケア対策を万全に行いたい方は、コラーゲンやアミノ酸以外にも摂取してほしい成分があります。

それは「シリカ」というミネラルです。

「シリカってなに?」と思われるかもしれませんが、コラーゲンの形成には重要な役割を担っているんです。

コラーゲンは繊維状なんですが、互いに結びつきあうことで丈夫なコラーゲンを作ることができます。

20代のころは何にもしなくてもしっかりとしたコラーゲンがつくられるますが、年齢とともにコラーゲンの生成量が減ると同時にシリカの働きも低下してしまします。

そのため、40代からはコラーゲン製品・アミノ酸がバランスよく含まれるものだけでなく、シリカを摂取することが必要なんです。

シリカはミネラルウォーターで摂取するとOK

シリカってどういったら摂取ができるの?についてですが、ミネラルウォーターで摂取するのがおすすめです。水に溶けたシリカは体に吸収されやすいので、効率がいいというわけ。

シリカ水については以下のリンク先で詳しく紹介しているのでぜひチェックしてみてください。

シリカ水